2018年2月現在 Googleアドセンス審査の申請はルートドメインのみ!サブドメインは不可!

ショックです‥‥!
私本日、サブドメインで運用しているブログサイトをgoogleアドセンスに登録しようと試みたのですが、知ってましたか皆さん、googleアドセンスってルートドメインじゃないと申請できないんです……!
私は今日知りました……><

スポンサードサーチ

Googleアドセンスって何?

世にこれを解説したサイトは山ほどあるんで簡単にいうと……

自分のブログ(または情報サイト)にgoogleから広告(googleがそのサイトに合っているとと判断した広告)が表示され、その広告がクリックされたり読者の目に入ったりすればお金がもらえるというシステム。これには申請して審査に合格することが必要です。

大人気サイトになると、それで暮らせるほどお金を稼げることもあるとあって、今大人気。
これを狙ってブログで生計を立てようとする人々が群がり、悲しいかな、ゴミのようなトレンドサイト(芸能人のゴシップなど、話題になっていて集中的なアクセスが見込まれる雑記ブログなど)が増える原因にもなっています。

ルートドメインとかサブドメインって?

ご自分で独自サイトをすでに運用している人は既にご存知だとは思いますが、これから始めようという方のためにとりあえず説明を。

ルートドメイン

ルートドメイン例:https://◯.com

(ルート)ドメインは、取得サイト等で代金を支払って取得するもので、インターネット空間を「土地」とすると、ドメインは「住所」になります。
あたり前ですが、世界で同じドメインは2つとありません。

◯◯◯の部分は任意で好きなものを申請できますが、早いもの勝ちなので、希望の文字列を先に誰かが取得していたら諦めるしかありません。

.comの部分は.jpだったり.coだったり、いろんな種類があります。

サブドメイン

サブドメイン例:https://△△△.◯◯◯.com

サブドメインとは、取得したルートドメインの前に△△△などの文字列を足して、別サイトを運用する時に作るドメインです。
「サブ」の名からも分かる通り、ルートドメインを持っていないと、そもそもサブドメインは作れません
逆にいうと、ルートドメインさえ持っていれば、△△△の文字列を変えて複数のサブドメインを作ることは可能ですし、無料でいくつでも作れます。

サーバーによって登録できるサブドメインには限りがあったりしますが、例えば私の使っているエックスサーバーでは、無制限で運用できます。
つまり、ルートドメインの使用料さえ払えば、理論的には100でも1000でも追加料金なしでサイトを運用できるってことです。



サブディレクトリ

ちなみに、アメブロなどの無料ブログを使うと

https://ameblo.jp/◯◯◯

のように自分のブログスペース(住所)が割り振られたりしますよね(サブドメイン風に割り振られる無料ブログもあリマス)。
これはサブディレクトリという方式で、この場合ameblo.jpがルートドメインです。
自分のルートドメインを所有していれば、このサブディレクトリ方式でも別サイトを作ることができます。

スポンサードサーチ

アドセンスはルートドメインでの審査が必要だった

で、本題です。

私は、フリーライターとしての自分の仕事用経歴サイトをルートドメインで作成し、
サブドメインでブログを開設しました。

<ルートドメインで開設したHP>

フリーのライター・コピーライター・ディレクター(編集者 )楢林見奈子のホームページです。1年のうち10か月は石垣島で、2ヵ月(冬季)は東京で活動中。お仕事のご依頼受け付けております。

<サブドメインで開設したブログ>

単身石垣島に移住した女ライター兼ディレクターがつづる、石垣島のとっておき観光情報や日々の出来事、もしくは島とは関係のない独白のブログ。旅行者や移住希望者、それ以外の方々も楽しめる文章をアップしていきます(゚▽゚*)たぶん。

メインで作成したサイトは、自分の経歴やスキル、値段表やコンタクトフォームを掲載しただけのシンプルなサイトです。更新もほとんどありません。
検索エンジンから訪れてもらうというよりは、自分の名刺に記載するために作ったサイトであり、もともと広告設置など考えていない作りなのです。

サイトを作成したのは昨年末。
ブログも、以前無料ブログで綴っていたものを移設して同時期に始めたのですが、こちらにはアフィリエイト広告やgoogleアドセンスを申請してちょっとでも収入になるといいな♪と思っていました。

巷では、アドセンスの審査に通るには最低30記事を書けといわれているので、せっせと書きました。で、そろそろ審査にかけてみようと思い、アドセンスサイトの申し込みサイトに飛んだのですが……。

アドセンス申し込み画面:サブドメイン不可

がーん。。。

URLにはパス(example.com/path)やサブドメイン(subdomain.example.com)を使用できません

の文字……!

そうなのです、無料ブログがサブドメインやサブディレクトリ式のアドレスを持っているので、これらをハジくためでしょうね、ルートドメインでしか審査の申し込みができないことになっているのです‥‥!

ショック!!()

今までなんとなくGoogleアドセンス申請を解説したサイトは読んできましたが、皆「独自ドメインを用意」としか書いておらず、私は勝手に「サブドメインだって独自ドメイン♪」と思い込んでいたのです。
みんな書いといてよー!バカァ(><)

もちろん、最初からルートドメインでブログや情報サイトを作っている人にはなんの問題もありませんが、私のような場合、困るやん……(。-ω-)ノ

ルートドメインで審査さえ通過すれば、他のサイトでも運用OK

ここで誤解のないように書いておくと、アドセンスはルートドメインで審査に合格すれば、
サブドメインやサブディレクトリのサイト、もしくは別のルートドメインのサイトにも設置できます。

言い方は悪いですが、一度審査に合格すれば、あとはこっちのもの。
googleアドセンスのポリシーにさえ違反しなければ、今後自分のサイトにアドセンス広告の設置がし放題なのです!これは、Googleもちゃんと認めています。

2018年2月現在のGoogleアドセンス合格の条件

アドセンスに合格するには、下記の条件が必要だといわれています。
※ちなみに、Googleの審査基準は結構頻繁に変わるので、ネット上の2016年の情報などは古く、参考になりません。

  1. 1000文字以上の記事30以上(10前後で合格した人もちらほらいるようです)
  2. プロフィールの設置
  3. サイトマップの設置
  4. お問い合わせフォームの設置
  5. プライバシーポリシーの設置
  6. 他のアフィリエイトの広告を貼りすぎていない

私のルートドメインサイトは本業のお仕事紹介ページであり、ブログではないので1の条件は全く満たせませんw
シングルページ仕様だし、Wordpressでさえないw(HTMLとCSSで自作)

2と4については、最初から設置してありますが、なにぶんシングルページなので(フォトギャラリーが別ページであるだけ)、3のサイトマップもありません。

5については、これまで設置していなかったものの、お問い合わせページもあるし、個人事業主として必要かな‥‥と思い、プライバシーポリシーは本日急きょ付け足しました。

6については元々、貼ろうと思ってないのでまっさらです。

で、一応、ダメ元でアドセンスに先ほど申し込んでみましたww
これで通ったら革命だと思いますが(- -;)、結果はまた書きますね〜。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする