青色申告・初めてのe-Taxソフト(WEB版)利用手順の備忘録〜マイナンバーカード利用編

確定申告…いろいろ学んだ&覚えたぞ!と思っても
年一回しかないので(もっとあったら嫌だけど)次年度には必ず忘れてる。
というわけで、2021年4月、今回初めてe-Taxシステムで青色確定申告するにあたり、
来年の自分のために備忘録。

【私のスペック】
・「あおいの青色オンライン」で申告データを作成した
・マイナンバーカードを持っている
・マイナンバーカードに、各種パスワード(今回は利用者証明用&電子署名用が必要)を設定してある
・スマホを持っている

1. e-Tax申告用データ(.xtx形式のファイル)をつくる

確定申告書作成画面

私は「やよいの青色申告オンライン」を使っている。
ソフトの流れに任せて確定申告データを作っていけば、
e-Tax申告用のデータ(.xtx形式のファイル)を
作成(ダウンロード)する
ところまでは簡単にできる。

昨年度までは、やよいを使って作った書類をプリントアウトし、
直接税務署に申告に行っていた。
なぜなら、e-Tax用のIDとパスワードは数年前に取得していたものの、申請がめっちゃが面倒くさそうで、心折れたから。

しかし今年(2020年度分申告)からは、e-Taxでないと控除額を10万ほど損してしまう。
せっかくマイナンバーカードも作ったし、今年の3/22からiPhoneがカードリーダーとして使えるようになったので、やるしかないでしょう!

2. 環境を整える

やよいのサポートページに、e-Taxの手順がざくっと書いてあったので、
その指示に従って「e-Taxソフト(WEB版)」にアクセス。
するとこんな↓表示が…

結論から言うと、申告にはSafariの機能拡張を有効にすることが必要で、
そのためには「事前準備セットアップ」ツールのダウンロードが必要らしい。

彷徨った結果、「e-Taxソフト(WEB版)を利用するに当たって」というページからMac版をインストール。

インストール方法は通常のソフトと変わらない。
インストール終了すると、下記のようなウインドウが開いた。
いろいろ入ってるけど、特に触らなくて良い。

インストール終了後、Safariの環境設定<機能拡張 から、e-Taxソフトを有効(左のチェックボックスにチェック)にすればOK。

スポンサードサーチ

3. e-Taxソフト(WEB版)にログイン

気を取り直して、再度「e-Taxソフト(WEB版)」にアクセス。

1)ログインする

私は「利用者識別番号」と「暗証番号」を数年前に申請してあったので、左の「ログイン」からスタート。(まだの人は、右の「初めてe-Taxを利用される方へ」から設定が必要)

利用者識別番号暗証番号って?
確定申告にあたり必要。私の場合、いつかe-Taxにチャレンジしようと思って数年前に税務署で発行してもらってあった。青色申告仲間によると、これまで発行していなかった人にも今年は税務署の方から勝手に送られてきたらしい。

次の画面で「利用者識別番号」と「暗証番号」を入力すると、下の画面になる。

2)利用者情報の登録をする

「申告・申請・納税メニューを選択するには利用者情報の登録が必要です」とある。
「利用者識別番号」と「暗証番号」の発行とはまた別の話で、初めてe-Taxする人は登録をしなくてはならないみたい。
ふぅ、めんどう…

次の画面↓

選択肢は「新規登録」の1つしか出てこないので、「操作に進む」をクリックすると、下記のような入力画面になる。
私はマイナンバーカードを持っているので「マイナンバーカードから読み取る」にチェック。

すると、カードリーダーもしくはスマホでの読み取りを指示してくる↓。
私はカードリーダーを持っていないので、右の「スマートフォンで読み取り」。
注意書きに「事前にスマートフォンへ、App Store又はGoogle PlayからマイナポータルAPのインストールが必要です。」とある。

マイナポータルAPをスマホにダウンロード&使用

面倒だが、仕方がないので、スマホでダウンロード。
こんなやつ↓

で、このアプリを使って、パソコンに表示された二次元バーコードを読み取り、その後にスマホをマイナンバーカードにかざして情報を読み取らせる(パスワード要求されます)。↓
このへんは、指示に従ってやっていけば問題なし。

で、めでたく成功すると、名前やら誕生日やらがパソコンの画面上に自動入力されるが、空欄も多々あるのでそこは手動で埋めてw「次へ」をクリックしていく。

電子証明書を登録する

次に出てくるのは、電子署名に関するする登録画面。
「マイナンバーカードをスマートフォンで読み取る場合、スマートフォンをご用意のうえ、「次へ」ボタンを押してください」とあるので、その通りに。

すると、またしても2次元バーコードを読み取らせる画面に。
電子署名用のパスワードを要求されるので、打ち込む。

マイナンバーに設定できるパスワードは4種類あって、
1)利用者証明用、2)住民基本台帳用、3)券面事項記入補助用
の3つは4桁の数字(3つとも同じ番号にしてもOK)。
そしてもう一つが、4)電子署名用の6〜16桁の番号。
マイナンバーカードを作るときに役所で設定しとくと良いが、後からでも設定できる。私は基本の「利用者証明用」さえ覚えておらず、他のパスワードは設定もしていなかったので、わざわざ市役所に行って設定してきたw

成功すると。下記の画面になるので、「次へ」。

すると入力内容の確認画面になるので確認して「登録」をクリック。

3)申告開始

先程の確認・登録画面のあとはメインメニューページ↓に戻ってくるので、これでやっと申告が始められます。
「申告・申請・納税」をクリック。

すると、4つの選択肢。
私は「あおいの青色オンライン」で既にデータを作成してあるので、3つめ「作成済みデータの利用」を選択。

すると、データをアップロードする画面になるので↓、パソコンに保存してあった確定申告用データを参照する。

どんどん「次へ」。
※データの中身を確認したい人は下の「帳票表示」をクリックすれば見ることもできる。

するとまたしても、電子署名を要求してくるので、マイナポータルAPを使ってパソコンのバーコードを読み取り、マイナンバーカードを読み取り、を繰り返す。
一体何回やらせるねん…。

完了すると「署名済」表示になるので「送信」。

完了です!お疲れ様私!!

スポンサードサーチ

まとめ

とても疲れた…
国税庁のHPって、分かりにくいなぁ。
やってうちに、これがないアレがないとできない、が分かってくる感じ。
今回も、マイナンバーカードは持っていたものの「電子署名用パスワード」が未設定だと申請が進められないという壁にぶち当たり、わざわざ市役所に設定しに行く羽目に。

まぁこれで来年は楽ちん?ってことで!
今年の確定申告期限は4月15日!
まだの人は頑張ってください✨

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする